新着お知らせ

第43期 第2回管理員研修会を開催しました

当社では居住者の皆さまに質の高いサービスを提供できるよう、管理員の教育・研修を

定期的に行い人材育成に努めております。

第2回は各拠点で下記のスケジュールにより実施しました。

 

【大阪】11月26日(月) 綿業会館

【神戸】11月29日(木) チサンホテル神戸

【東京】11月29日(木) TKP神田駅前ビジネスセンター

【岡山】11月30日(金) 第一セントラルビル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修のテーマはこちらです。

安全衛生等業務研修

マンション管理業は、居住者の方々へ『安心・安全・快適さ』を継続的にご提供していく

『サービス業』 です。特に、マナーのある対応は、サービス業としての基本姿勢であり、

プロフェッショナルとしての自覚を持って管理業務を遂行することが重要です。

今回は、弊社社員より、身だしなみのチェックや、管理員室の使用・勤務時間中のマナー

等についてレクチャーを行いました。

また、弊社では大型台風・地震等の災害発生時における管理員の一次対応・事後対応に

ついて、下記の要領で業務フローを確立しております。

 

①安全の最優先と安否確認連絡

②早退・遅刻・欠勤・振替勤務

③事前確認指示

④被害状況等の点検

⑤被害報告

 

各項目に関して改めて周知徹底を行い、災害対応業務に対する理解を深めました。

ならびに、健康管理の観点から新型インフルエンザに係る注意喚起と対策についての指示を

行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「当社監視センターの役割」

弊社の『NACS24オンラインシステム』は、自社運営の24時間365日体制の監視センターです。

技術社員が常駐し、緊急時の設備異常の際には迅速に対応させていただくことが可能です。

また警備会社のガードセンターとも連携し、各マンションの共用設備の安全をWで見守ることで、

お住まいのみなさまに大きな安心感を提供するとともに、省力化にも貢献しています。

研修では、本社4階に設置しておりますデモ機を使用した映像を用いて、その役割やマンションの

設備機器についての理解を深め、管理員からの日頃よくある質問から、緊急時の対応方法について

指導いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最前線の現場で日常的にお客様に接する管理員は、マンション管理において重要な役割を担って

います。当社は管理員に対する専門教育を充実させ、より一層のサービス向上を図って参ります。