新着お知らせ

台風21号による停電復旧後の対応について

台風21号の影響により、電力会社の停電及び停電に伴う断水が発生し管理物件にお住いの皆様には大変ご不便をお掛けしております。

電力会社の停電復旧まで今しばらくお待ちいただきますようお願い申し上げます。

 

停電及び停電復旧後の対応につきましてご案内させて頂きます。

 

水道蛇口

断水中は、水道蛇口を必ず閉めて下さい。

水道の蛇口を開けたままにすると、断水復旧時に水が出たままとなり、思わぬ漏水事故につながる恐れがあります。

トイレ

停電が復旧し、給水が開始されると水道管内の錆等を含む赤水が出る場合があり、トイレ配管内のストレーナー(細かいメッシュ)が目詰まりし、給水が止まることがあります。

復旧にはストレーナーを清掃する必要がありますが、設置位置等がメーカーや機種により異なる場合があるのでインターネット等でご確認ください。

給湯器、浄水器等もストレーナーの目詰まりが発生することがあります。

 

【トイレロータンクストレーナー清掃方法】

①止水栓を閉める

12592784_953263211387784_3322168822446566582_n 

・トイレの止水栓を閉めます。

壁から出ている給水管のマイナス溝の形状をした止水栓をマイナスドライバーを使って閉めて下さい。閉める時は時計回りに回します。

※止水栓がハンドル式のタイプもあります。

トイレ内の止水栓が固着して回らない場合は、共用廊下のパイプスペース内の水道の元栓(水道メーター横のバルブ)を閉めて下さい。

 

 

②ストレーナーの清掃

12439142_950677568313015_2101096932831949418_n 

タンク側給水管のナットをモンキーレンチで緩めます。緩める時は反時計回りに回し、ストレーナーを取り外します。

ストレーナーを手で抜き取り、網状になっている箇所を歯ブラシなどで掃除します。

 

③サビや汚れと取り除いたら逆の手順で元に戻します。

12524296_950677604979678_8496702168338612313_n

ナットを固定して、止水バルブをゆっくり開けて配管から水漏れが無いかをよく確認します。

無事、ロータンクへ給水がされるようになれば完了です。

※パッキン等の劣化によりナット部分から水漏れする場合があるので、ホームセンター等で新しいパッキンを準備し新しいものと交換してください。

 

ご自身で対応が難しい場合は、メーカーの修理受付センター又はお近くの水道修理会社などへご依頼をお願い致します。

【メーカー修理連絡先】

・TOTOメンテナンス㈱修理受付センター

 フリーダイヤル 0120-1010-05(受付時間 8時~19時)

・LIXIL修理受付センター

 フリーダイヤル 0120-179-411(受付時間 9時~20時)

 

 <注意事項>

・温水洗浄便座がついている場合は電源を抜いてください。

・ストレーナーを外す時は、必ず止水栓を閉めて下さい。 また掃除後は止水栓を開けて下さい。

・漏水の原因となる為、ストレーナーを取り付けるときはすき間がないようにしっかりと閉めてください。

 

【便器応急洗浄方法】

応急洗浄①バケツに水を5~6ℓ用意します。

②バケツを両手で持ち、一気に便器の中へ流し込んで下さい。

③水を流すと汚物が流れます。

④洗浄後にニオイ防止のため3ℓほどの水をゆっくり流して下さい。

※バケツで水を運ぶ時、便器洗浄する際には、床に水をこぼさないに十分注意してください。

なお、お年寄り、お子様だけでの応急洗浄はお控え下さいますようお願い致します。

 

 

電気機器

停電復旧時に火災につながる可能性があるため、停電前には室内の各種電気機器のスイッチを切ってください。

特にドライヤー、アイロン等熱を発する物はコンセントからプラグを抜いてください。